【テレビで話題】ナステントの効果を徹底レビュー③ ナステントフィットを挿入して自分のサイズを測る編

<追記:2017年6月12日>
2017年1月から一時販売停止していたナステントの再販が開始されました。

価格も以前より2割以上値下がりしています。

購入方法などの詳しい情報は「ナステントが再販開始! 価格や変更点、注意点をまとめました」でご確認ください。
—-追記終わり—-

前回の記事では「ナステント」の限定1,000人の無料モニターキャンペーンに申し込んだ後に「セルフフィッティングキット」が自宅に届いたことをお伝えしました。

<追記:2016年7月14日>
ナステントを実際に装着していびき軽減の効果を検証してみました様子はこちらの記事でご覧ください!

効果は一目瞭然!ナステントを装着してスマホアプリでいびきを録音&検証してみた

2016.08.03

ちなみにこの無料モニターキャンペーンのステップは以下の通りです。

  1. 無料モニターキャンペーンに申し込む
  2.  ↓

  3. セルフフィッティングキットが自宅に届く
  4.  ↓

  5. キットを使って自分に合うサイズを決める ← イマココ!
  6.  ↓

  7. サイズを申請しナステント2本を送ってもらう

そして今回はそのキットを使い、長さや鼻の左右など24通りもある中から自分に合った物を見つけて行きます。(最初はハードでなくソフトを選ぶのが無難なので実際は12通り)

挿入恐怖症(体内に何かを挿入するのが怖いことで自分で勝手に作った言葉)の私は無事にフィッティングキットを鼻から挿入することができたのか!?

その感想やフィッティングする上でのアドバイスなどをご紹介して行きたいと思います。

フィッティングは30分〜1時間くらいの余裕を

ナステントのセルフフィッティングは以下の3ステップです。

  1. フィッティングマニュアルを読む
  2. 左右のどちらの鼻の穴に挿入するか決める
  3. フィッティングする

私もそうですが、「自分で鼻からチューブを挿入する」というのが初めての人がほとんどかと思います。

なので、まずは焦らずに時間を掛けてしっかりマニュアルを読んで理解することが重要です。

私の場合はこちらの動画も見ながら理解したため15分程度掛かりました。

そして実際のフィッティングには人にもよると思いますが数十分の時間は見ておいた方が良いと思います。

それを考えるとフィッティング時間は余裕を持って30分〜1時間ほど見ておくことをオススメします。

また、ナステントフィットは先端部分にジェルがついていて鼻から挿入しやすい仕組みになっているため、ジェルが乾いてしまっては大変です。

なので、一度封を開けたら「今日は時間が無くなってしまったから明日にしよう」ということはできないので、時間は余裕を持っておきましょう。

ちなみに私は日曜日の20時という「その後に何の予定もない状態」でフィッティングしました。

フィッティングはお風呂あがりがオススメ?

これは比較をしていないので何とも言えないですが、私はお風呂に入った後にフィッティングをしました。

その方が身体がほぐれてチューブが上手く入りそうな気がしたからです。

また、私は鼻づまりはしないタイプですが、鼻づまりをする人もお風呂に入るなどして鼻の通りをできる限り良くしてからフィッティングした方が良いかと思います。

手や目のように鼻にも「利き鼻」がある?

ナステントのセルフフィッティングをするにあたって気になっていた1つが「自分で左右のどちらの鼻の穴に挿入するか決めなければいけない」ということでした。

「そんなこと自分でできるの?」と半信半疑でしたが、マニュアルに書かれている「片方の鼻の穴を抑えて呼吸をしてみて、楽に呼吸できる方を選ぶ」という方法を試したら簡単に分かりました。

「利き手」や「利き目」があるのと同様に「利き鼻」というのがあるのかもしれませんね。

私の場合は右側の鼻の方が呼吸がしやすかったのですが、「その時の体調も関係しているかもしれない」と思ったため、数日間試してみましたがやはり右側の方が呼吸がしやすいです。

なので、もしこれからナステントのフィッティングをする予定の方は今から「自分の利き鼻」が左右どちらなのか試してみてください。

実際に挿入してみたけど全然痛くなかった!

良かった。これは本当に良かったです。

ぶっちゃけ挿入するまでかなり不安でしたし、怖かったんです。

何せ私は自分のおへそに自分で指を入れるのも嫌なくらいの挿入恐怖症だからです(笑)

しかし、結論から先に言うと私はほとんど苦労することなくナステントを挿入することができました。

2ちゃんねるでナステントの書き込みを見てみると「オエオエなって無理」「涙が止まらない」などネガティブな書き込みも見られたのでかなり心配したのですが、私の場合はまったく問題ありませんでした!

ある程度の痛みや苦しみは覚悟していたので、これは嬉しい誤算です。

ちなみにフィッティング自体は鼻から挿入するだけなのですが、事前に知っておきたいポイントがいくつかあるのでご紹介します。

ナステントの先端にはジェルがついている

これがナステントフィットの封を開けた写真です。

photo-015-01

先端付近に水滴のような物が付いているのが見えると思うのですが、この付近にジェルがついています。

逆に言うとそれ以外の部分はジェルがついていません。

なので最初見た時は「もうちょっとジェルがあった方が良いんじゃないの?」とも思いましたが、結果的には先端についているだけで十分でした。

ナステントは超柔らかい

私の場合は「チューブを鼻に挿入する」と聞くとどうしても固いチューブを想像してしまいます。

それも恐怖の一因でした。

しかし、実際のチューブを持った時はビックリしました。
とにかく柔らかい。
フニャフニャというかブヨブヨというかそんな感じです。

ナステントの公式サイトでも柔らかさについてはこう書かれていました。

柔らかさは人肌
人肌に近い硬度5〜20のシリコーンゴムを主成分として使用。これは心理的抵抗感や挿入時の違和感を可能な限り減らしてくれます。

うーん、確かに人肌レベルの柔らかさ。

これを触ってみた時に「あっ、これなら挿入できるかも?」と思いましたからね。

手伝ってもらえるパートナーがいると安心

もちろん1人でフィッティングもできますが、パートナーに手伝ってもらえるとさらにやりやすいと思います。

私の場合は妻が手伝ってくれました。

ナステントを挿入して最適な長さを計るためにナステントの先端が喉まで出ているか確認する必要があります。

photo-015-02-02

その際に自分では見えにくかったので、妻に口の中を覗き込んでもらって位置をチェックしてもらいました。

その時は私は「あー」と言いながら口を開け、妻にはスマホのLEDライトを点けて喉にナステントの先端が出てるか見てもらうという方法です。

覗き込んでいる妻は「わー!本当に出てきてる!」と驚き&感動している様子でした(笑)

また、妻の協力のおかげで私のサイズは「130mm」だということが分かりました。

唯一心配な点は「軟口蓋が見えにくい人」のフィッティング

基本的にはスムーズに挿入できたナステントですが、先端位置を確認するにあたって心配な点が1つだけあります。

いびきをかく人や睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は軟口蓋(のどちんこ付近)が狭かったり、下がっていることが多いため「口を開けてものどちんこが見えない」という人が多いです。

ナステントの公式サイトにあるイラストはめちゃくちゃ広いタイプだと思います。

photo-015-02

私も軟口蓋が見えないことはありませんが見えにくいタイプで、「あー」と声を出してやっとこれくらい見えるかどうかです。

photo-015-03

なので、最初は自分で鏡を見てナステントの先端をチェックしようと思ったのですが、

  1. 片手でナステントを持つ
  2. 鏡を見ながら口を開けて軟口蓋(のどちんこ付近)をチェック
  3. もう片方の手でスマホのライトを口の中に当てる
  4. 「あー」と言う

この4つの作業を同時にやるのは結構大変でした(笑)
しかも軟口蓋が見えにくいとなるとさらに大変で、お風呂あがりで体温が高かったこともあり終わった時には汗だくになっていました(笑)

軟口蓋が見えないなど、セルフフィッティングが大変な人はナステント取扱い施設でフィッティングしてもらうのも1つの手かもしれません。
また、その場合はできるだけ病院やクリニックを選んだ方が良さそうですね。

ナステント取扱い施設

そこだけクリアできれば最初に想像していたよりも、すんなりフィッティングをすることができたというのが正直な感想です。

フィッティングが終わったら事務局へサイズを連絡しよう

フィッティングによって自分のサイズが分かったらナステントの事務局へ連絡をしてナステント2本(無料)を送ってもらいましょう。

ちなみに申し込み方法は以下の4つの方法が用意されています。

  1. 電話(フリーダイヤル)で申し込む(9時〜21時)
  2. FAXで申し込む
  3. 郵送で申し込む(キット内のハガキ)
  4. インターネットで申し込む

私はもっとも手軽なインターネットからの申し込みにしました。

スマホから申し込んだところ、簡単に申し込めたのですが1点だけ補足があります。

機種にもよるかもしれませんが最初にナステントのサイズを選んで「申し込む」をタップするとこんなメッセージが表示されます。
※私はiPhoneユーザーです。

photo-015-04

ネットに慣れていない方はビックリするかもしれませんが、ひとまずここは気にせず「送信」をタップして進んでもらって大丈夫です。

その後は送付先の情報を入力すれば申し込み完了です。
私は日曜日の夜に申し込んだのですが、自宅に到着するまで何日くらい掛かるのかも次回の記事でご報告したいと思います。

まとめ

今回はナステントのセルフフィッティングキットを使って自分に合ったナステントを知る方法をご紹介しました。

「鼻からチューブを挿入する」ということにかなり不安や抵抗はあったものの、実際にやってみると意外とすんなり挿入することができて本当に良かったです^^

挿入恐怖症の私ができたので、ほとんどの方は普通にできるんじゃないかな?というのが正直な感想です。

さて、次はいよいよナステントを装着して実際の効果や装着したまま寝てみた感想をレビューしたいと思います。

どんな効果や変化があるのか今から楽しみです!

ナステントの無料モニターキャンペーンに興味がある方は1000名限定ですので早めにお申し込みくださいね!

ナステントの体験レポート&レビューをお届けしています!

  1. 無料モニターキャンペーンに申し込む
  2.   ↓

  3. セルフフィッティングキットが自宅に届く
  4.   ↓

  5. キットを使って自分に合うサイズを決める ← イマココ!
  6.   ↓

  7. サイズを申請しナステント2本を送ってもらう

<追記:2016年7月14日>
ナステントを実際に装着していびき軽減の効果を検証してみました様子はこちらの記事でご覧ください!

効果は一目瞭然!ナステントを装着してスマホアプリでいびきを録音&検証してみた

2016.08.03

<追記:2017年6月12日>
2017年1月から一時販売停止していたナステントの再販が開始されました。

価格も以前より2割以上値下がりしています。

購入方法などの詳しい情報は「ナステントが再販開始! 価格や変更点、注意点をまとめました」でご確認ください。
—-追記終わり—-

この情報が役立ちそうな人がいれば教えてあげよう!

たった500円から試せる
いびきサプリランキング

「サプリメントだけでいびきが治るわけがない!」と考えている睡眠コンサルタントの私が「試す価値がある」と思えるオススメのサプリメントを紹介します。 「いびきサプリの前に飲むべきサプリ」もあるのでぜひ参考にしてみてください。